HOME オゾンとは お知らせ イベント 認定制度 協会案内 リンク
認定制度のご紹介
認定の申請について
認定規程
申し込み書類
認定を取得している事業所及び機種
認定制度のご紹介
1.認定制度とは

オゾン発生装置を製造する事業者(輸入業者も含む)の生産・品質管理体制、アフターサービス・クレーム処理体制、またその製造事業者で製造される製品(型式)が安全かつ有効に使用できる品質を有しているかどうかを、日本オゾン協会が独自に定めた基準をもとに審査し、その基準をクリアーした製造事業者や製品(型式)を認定する制度です。

認定制度には、
○大型機器認定:オゾン発生量10g/h以上のオゾン発生装置
○小型機器認定:オゾン発生量10g/h未満のオゾン発生装置
の2つがあり、オゾン発生装置の規模に合わせて一部異なる基準を設けています。

特に、身近な場所で使われることも多い小型機器については、認定を受けた製品には下記の認定マークを表示しています。

認定マーク

オゾン発生装置の製造事業者(輸入業者も含む)がはっきり分かるから安心です

日本オゾン協会ホームページにおいて認定を受けた製造事業者(輸入業者も含む)、製品の型式、認定年月日、有効期間が分かります。


生産物賠償責任保険(PL保険)に加入することを義務付けています。

製造事業者(輸入業者も含む)には生産物賠償責任保険(PL保険)に加入することを義務付けているので、万一、製造上の欠陥で事故が発生した場合には、製造事業者の責任で補償されます。

なお、現在オゾン発生装置の製造事業所登録している事業所、及び型式認定を受けている機種は以下の通りです。

大型オゾン発生装置については、こちらから
小型オゾン発生装置については、こちらから

☆認定の取得(申請)を考えておられる企業は、こちらから

連絡先:東京都中央区日本橋富沢町10番10号 日本橋インテリジェントフラッツ301 日本オゾン協会事務局
電話:03(6661)1622 FAX:03(6661)1623 Eメールアドレス:joa@mwd.biglobe.ne.jp